WEBサイトのコンバージョン率を上げ収益化するには?

近年は販売促進のために、WEBサイトを活用することが当たり前のようになっています。各企業はWEBマーケティングについての知識を深め、サイトに顧客を呼び込み収益を上げようと努めています。そのために大きな意味を持つものがコンバージョン率です。WEBマーケティングに携わっていれば、一度は耳にしたことがある単語でしょう。

コンバージョン率とは?

コンバージョン率は、 WEBサイトのパフォーマンスを測る指標の1つとして用いられます。サイトにアクセスしたユーザーが、問い合わせや予約申し込みなど何らかのアクションをし、「成果」につながった割合を指します。あわせて確認したい指標に「クリック率」がありますが、こちらはアクセス数に対して該当するリンクが何割クリックされたかという割合を指します。成果に結びついたか否かは関係ありません。サービスの認知度を高めるという意味ではクリック率も重要ですが、企業の利益を考えた場合、いくらクリック率を上げても、コンバージョン率が上がらなければ意味がありません。長期的に考えた場合、コンバージョン率を上昇させることが、WEBマーケティングにおいて非常に重要です。

ひとくちにコンバージョンといっても、その定義はサービスにより様々です。飲食店のサイトであればお店の予約、ECサイトであれば商品の購入、サービスの紹介サイトであれば資料の請求、情報提供サイトであれば会員登録等、重視するアクションをコンバージョンと定義し、測定します。

まずは見込みユーザーを集めましょう

では、コンバージョン率を上げるためには、どのようなことができるのでしょうか?大きなポイントになるのは、見込みユーザーの集客に努めることです。見込みユーザーとは、サービスに関心を持っている顧客のことです。サイトを見たユーザーがサービスに対して関心を持った時、コンバージョンに繋がる可能性が向上します。しかし、サイトを閲覧したとはいえ、これまで無関心だったものに対して突然興味を抱くケースは少ないでしょう。そのため、あらかじめサービスに興味を持ってくれそうなユーザーがサイトを訪れてくれるように注力します。その際に有効なのが「コンテンツマーケティング」です。ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することで、コンテンツを通して企業のサービスに関心を持ってもらいます。また、役に立つ情報を提供してくれる企業に対して、ユーザーが信頼感を抱くきっかけにもなります。

この他、サイト自体をユーザーにとって利用しやすい形に調整することも大切です。いかに興味深いページでも、読み込みが遅かったり、文字ばかりで見づらかったりと難があれば、コンバージョンに結びつく前に離脱する可能性が高いです。まずは運営者側でサイトを快適に使用できるかをチェックし、その上で改善すべき部分があれば早めに調整することがすることが勧められます。

検索エンジンからの流入を増やしましょう

スマホの検索結果

ここまで、コンバージョン率を上げる方法について解説しましたが、まずはサイト見てもらえなければコンバージョンには繋がりません。そのような意味では検索エンジンからの流入を増やす施策も欠かせません。流入を増やすために、まずはSEOによってサイトを上位表示させることが勧められます。せめて1ページ目、できれば上位3位以内に入ることで、ユーザーのクリック率は格段に変わります。より実店舗でのサービスを重視している企業の場合、ローカルSEOと呼ばれるMEOによる施策も費用対効果の面から見ると有効です。MEOの施策については、こちらのWEBサイトで詳しく解説されているため、参考にしてください。MEOのノウハウに優れた会社が運営しているサイトで、代行を依頼することも可能です。

アクセスが増えコンバージョン率が上がれば、サービスの申し込みや問い合わせ、購入が増え、収益が増加することでしょう。現在所有しているサイトを最大限に活かして売り上げに繋げましょう。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA